介護士に求められるものについて

介護士に求められるものは、多くありますが、基本的に集中力のない人を求められます。具体的に言うと一点に集中してしまうのではなくて、気持ちを分散できる人ということになります。非常に難しいようですが、それは意識さえしていれば誰でも可能ですし、むしろその努力を怠ってしまうことで、雇用が危うくなります。また優先順位を即座に決めることも、介護士の重要な役割であると言えます。この二つだけを怠っても、非常に危険であり、企業のリスクマネジメント能力を問われます。性格に問題が無くても、向いていないと判断されるのは、この2点が不十分な場合だろうと言っても過言ではありません。また誰にでもできるという仕事でもなく、プロとしての意識を持つ必要もあります。優れていなくても良いのです。プロとして向上心をもって、頭で考え五感で感じることが、何より大切なことなのです。